MENU

CLOSE

AGAのセルフケアの効果とクリニックの治療内容について

AGAのセルフケアの効果とクリニックの治療内容について

295views

カテゴリ:未分類

AGAのセルフケアの効果について

f416742c0ee9aa6dc8894d40ed823071_s

AGAは男性型脱毛症といわれる薄毛の症状で、日本人男性の多くがAGAの症状に悩まされています。年齢とともに髪が薄くなるのは老化現象として仕方ないと思えても、若くして髪が薄くなると社会生活にも影響があり、自信を失う原因にもなりかねないため、症状が悪化しないうちに適切な対処をすることが改善のポイントとなります。

AGAは根本的には男性ホルモンの作用によっておこる薄毛のため、その部分に直接作用する薬を服用したり、頭皮に塗ることで改善をしてゆくのが一般的ですが、セルフケアにも効果はあります。というのも、薄毛の原因は決して一つではなく、男性ホルモンの対策と同時に頭皮環境を改善しないことには効果があがらないためです。

頭皮環境の改善には毎晩のシャンプーと頭皮マッサージに加え、生活習慣を整えることも欠かせません。特に質の良い睡眠、十分な栄養、定期的な運動、禁煙は大切で、その他、夏の紫外線も刺激が強いためできるだけ避けたほうが良いでしょう。またセルフケアで注意が必要なのは、AGA治療に有効といわれる薬剤を個人輸入することです。

個人輸入をすると価格がまちまちのため、一見リーズナブルに治療薬を入手する良い方法と思えますが、安い輸入薬の中には、育毛に有効な成分が含まれていなかったり、偽薬が送られて健康被害がでたことも厚生労働省から報告されています。

また個人的な判断で服用を開始すると、自分の症状にあった薬でない可能性もあり、副作用についても十分な認識がないまま服用してしまうこともあります。そのため、AGA治療を始めるのであれば、専門的なクリニックを受診して、医師によって処方された薬を利用することをおすすめします。

クリニックにおけるAGA治療

3f1cf3a1b68da59c1441cd5c5d2f71c1_s

最近よく髪が抜ける、少し髪が薄くなってきた、といった気になる症状があればそれはAGAの前兆かもしれません。くよくよ悩んでいるとストレスもたまる一方で、そのストレスがさらなる抜け毛を増やしかねません。

そうならないためにも、AGAの専門クリニックで早めに治療に取り掛かりましょう。症状がそれほど進行をしていなければ、回復もそれだけ早くなりますので、早期受診、早期治療が何よりのAGA対策となります。クリニックでのAGA治療には大きく分けて二種類あります。

  • 治療薬によるAGA治療

クリニックにおけるAGA治療の第一は、発毛を促す治療薬を服用、または外用薬として頭皮に塗布する方法です。一般的に使われるのはフィナステリド(プロペシア)という内服薬とミノキシジルという外用薬です。

フィナステリドを内服することで、脱毛ホルモンであるDHTの働きが弱まり、またミノキシジルを塗布することで、頭皮の血行が良くなり、毛根に刺激を与えて発毛を促進します。治療は六ヶ月以上継続すると効果があった、と実感する人も多くなっています。

  • 施術によるAGA治療

クリニックにおけるAGA治療には施術による方法もあります。施術では髪の成長因子を頭皮に浸透させる「メソセラピー療法」や「HARG療法」などがあります。また自毛のある部分から毛根ごと採取した皮膚を移植する自毛植毛という方法もあります。これらは外科的な処置も含まれるため、内服薬や外用薬に比べて、肉体的、心理的、経済的な負担はありますが、よりダイレクトな育毛効果が見込めることからメリットも大きい治療法です。

いずれの治療法を選択するにせよ、自分の症状にあった治療法を選択することが早期改善の鍵であり、改善の希望の程度によっても治療選択は異なります。そのため、AGA治療の際には最初に治療方針をしっかりと医師と話し合いましょう。また費用面での心配も忌憚なく話しておくことで、自分にあった治療計画を立てることができます。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事