MENU

CLOSE

AGA治療に注入治療は必要?基本的な治療の次の治療手段とは

AGA治療に注入治療は必要?基本的な治療の次の治療手段とは

291views

カテゴリ:未分類

AGAクリニックで受けられる「注入治療」とは

0556261d0b052972513790f9ae4e3413_s

AGA薄毛の治療をクリニックで受診すると、基本的には「ミノキシジル」と「プロペシア」を用いた治療が実施されます。これらは非常に効果が期待できる副作用の伴う医薬品ですが、AGAクリニックであれば、安心して使用することができるのです。AGA、薄毛の症状を早期発見早期治療している場合、この基本的な治療だけでも効果を実感できる可能性は高くなります。

しかしながらAGAは他の病気と同様に、治療や発見が遅れるとそれだけ治療が成功する可能性は低くなってしまいやすいものなのです。しかしせっかく費用をかけて育毛の為の治療をしているのに、結果が出ないと治療が終わる、ということだけは避けたいですよね。

では基本的な治療内容で結果が出なかった場合、次の段階ではどのような治療が検討されるのでしょうか。それが「注入治療」なのです。「注入治療」の特徴は以下の通りです。

  • 直接頭皮にミノキシジルを注入する
  • 頭皮の毛母細胞に直接育毛が期待でいる成分を伝えられる
  • 内服薬、育毛剤治療の次の段階の治療として選ばれることが多い
  • 注入治療であれば、育毛剤や内服薬の治療よりも早期に効果が出る可能性が高い

「注入治療」はこのような特徴がある為、内服薬、育毛剤の基本的な治療で効果が実感できなかった場合に選ばれる割合が多い傾向にあります。しかしながら、効果が期待できる治療なだけに、費用は基本的な治療よりも高くなります。

目安としては、基本的な治療で毎月3万円程度の支払いがあったとしたら、「注入治療」を取り入れた月はその金額が2倍以上になる可能性が高くなります。「注入治療」は保険の適用が無い自費診療です。その為、「注入治療」を取り入れる際は、経済的な事情を含めて冷静に判断する必要があるといえるでしょう。

「注入治療」を受けるタイミングと注意点

b5a5694c1252119d4c58696c1bc21ea1_s

「注入治療」はAGAクリニックごとに呼び名が異なる

AGAクリニックで注入治療を受けたいと思っても「注入治療」は、他の名称で表記されている場合が多くなります。クリニックごとに独自の注入方法を開発しているところもあり、その名称は統一されてはいないのです。その為、「注入治療」を受ける際は、以下の名称で表記されている可能性があることをあらかじめ認識しておきましょう。

  • HARG療法、
  • グロースファクター療法、
  • 育毛メソセラピー、
  • メソセラピー

これらの治療法は注入する成分や注入の方法がクリニックごとで異なります。針を使って注射のように指すものもあれば、針を使わずに電気を使うものもあるのです。どのような成分が自分の頭皮にとって良いのかは医師と相談する必要がありますが、注入方法にこだわりたい場合は、慎重に判断すべきだといえるでしょう。

植毛が上手くいかない場合「注入治療」が次の選択肢となる

「注入治療」は植毛が失敗した場合の対策としても検討すべき治療方法の一つです。AGA、薄毛の治療をどのように取り組むのかは個人の選択の自由ですが、基本的な内服薬、育毛剤治療の次のステップの治療として、植毛を選ぶ人も少なくありません。

植毛は直接頭皮に毛を埋め込んでいく治療なので即効性は抜群ですが、体質によっては植毛した毛がすぐに抜けてしまう場合があります。そうなると他のアプローチが必要になるわけですが、そういった際の選択肢としても「注入治療」は検討できるのです。

AGA、薄毛の治療はAGAクリニックに通院したとしても最初に取り組んだ治療でいきなり成功するケースは実際にはそこまで多くありません。しかし、色んな治療法を試すことで、自分に合った治療法が見つかりやすくなる、というのも確かなことです。基本治療や植毛が上手くいかなかった場合は、この「注入治療」の実施を検討してみてはいかがでしょうか。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事