MENU

CLOSE

薄毛には頭皮の硬さが関係している?セルフケアのコツとは

薄毛には頭皮の硬さが関係している?セルフケアのコツとは

446views

カテゴリ:未分類

なぜ頭皮は硬くなるのか

6425a3c246e2cce50b3a62e2a4fa0420_s

健康的な頭皮には柔軟性が欠かせない

AGA,薄毛になってしまった場合は、AGAクリニックで治療することが必要です。しかしながらできることであればAGAになる前に予防できたら理想的ですよね。ではAGAを未然に防ぐ為には、どのようなことを意識すべきなのでしょうか。それは頭皮の柔らかさを保つことです。

その理由は、頭皮が柔らかいと、血行が良くなるからです。血液は老廃物を細胞から取り除き、細胞に栄養を運ぶ働きがあります。その為、髪の毛が正常に毛周期のサイクルを繰り返す為に血行が良いことは欠かせないのです。つまり健康的な頭皮の為には、血行を良くする為にも柔らかさを保つことが大切なのです。

頭皮が硬くなる原因

では頭皮はどういうことで硬くなるのでしょうか。頭皮が硬くなる原因は「血行不良を招く行動全般」です。身体の冷えを招く行為や運動不足は、全て血行不良を招くことに関係しますよね。したがって、頭皮を健康的に保つ為には、頭皮のことだけではなく、生活習慣まで意識を向ける必要があるのです。ではこの前提を踏まえた上で、頭皮が硬くなる原因にはどのようなものがあるのか、具体的に見ていきましょう。

  • パソコンで長時間作業する習慣がある

普段、事務員として働いていて、一日中パソコンの前で仕事をしている場合は注意が必要です。なぜなら、デスクワークの人は、肩や首回りの筋肉が硬くなっている場合が多く、それにより血行が悪くなっている可能性が高いからです。また首周辺の筋肉はそのほとんどが頭蓋骨に付着しています。つまり首の筋肉が硬くなることは直接頭皮を硬くすることに影響しているのです。

  • 運動する習慣がなく、冷え性気味

運動する習慣が無ければ、老化と共に徐々に全身の筋肉は衰えていきます。筋肉が衰えると、筋肉量が減るだけでなく、そこに循環する血液量も減っていきます。その結果として身体が冷えやすくなってしまうのです。全身の血液の循環が悪くなれば、それは頭皮にも影響します。実際に運動する習慣がなく身体が冷えやすい人は頭皮が硬くなってしまっている場合が多いのです。

このように、運動不足や身体の冷えは頭皮を硬くすることに影響します。ではどうすれば、こういった原因で硬くなった頭皮をケアすることができるのでしょうか。その方法を次の項目で紹介します。

健康的な頭皮を保つ為のセルフケアの3つのコツ

04030387d8020d22d5665b7923ee2210_s

1.睡眠不足を解消して、飲酒、喫煙を控えよう

AGAの不安がある場合は、睡眠不足を解消して、飲酒、喫煙を控えましょう。特に喫煙は血液を汚してしまうリスクがあるので注意が必要です。頭皮の健康を保つ為には飲酒、喫煙の量を減らすことが大切です。

2.日常生活からストレスを減らす努力をしよう

ストレスは免疫力を低下させ、運動する気力を低下させるなどのリスクがあります。運動不足になれば、頭皮が硬くなるリスクが高まることは前述した通りです。その為、嫌なことはしっかり断るなど、日常生活からストレスを減らす努力をしましょう。

3.ヘッドマッサージを毎日の日課にしよう

健康的な頭皮を保つ為には、ヘッドマッサージが欠かせません。しかしながらヘッドマッサージは適当に頭を触っていればいいわけではありません。ヘッドマッサージをする際は、意識すべきポイントがあります。それは頭皮を直接動かすことです。

頭皮に指を当てたら、その指を頭皮の上でカサカサ動かすのではなく、まずは力強く頭皮に指を押しつけましょう。そして頭皮の筋肉を動かすイメージで揉みこんでいくのです。そうすればしっかりと頭皮が動かされ、硬くなることの予防になるのです。

これらのセルフケアをすれば、頭皮が硬くなることを防げる可能性があります。しかしながら、こういったセルフケアだけでAGAや薄毛の解消をすることは難しいといえるでしょう。その為、AGAになった際は、クリニックで費用をかけて、副作用を伴うほど効果的な育毛剤を処方してもらうなどの対処が必要です。AGAのケアや治療をする際は状況に合わせて適切な手段を選び、取り組んでいきましょう。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事