MENU

CLOSE

AGAの原因は男性ホルモン?抜け毛のメカニズムとハゲやすい人

AGAの原因は男性ホルモン?抜け毛のメカニズムとハゲやすい人

324views

カテゴリ:未分類

AGAの原因と男性ホルモンの関係

bf959feb7fcdd0a0633ab6a0a50aa1b5_s

近年の研究により、AGAの原因というものが徐々に明らかになってきています。男性ホルモンが強いとハゲる可能性が高いと聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。しかし、男性ホルモンであるテストステロンはハゲの要因ではありますが、直接の原因というわけではありません。

AGAはテストステロンが毛母細胞中の還元酵素と結びつくことにより、ジヒドロテストステロンというホルモンに変換されてしまい、それが毛母細胞に悪影響を与えてしまいハゲに繋がると言われています。そのためAGAの原因とされるのは、脱毛ホルモンと言われているジヒドロテストステロンなのです。

このジヒドロテストステロンは、テストステロンが頭皮の毛根に存在している5αリダクターゼという酵素に還元されることにより作られ、ジヒドロテストステロンが毛母細胞の受容体と結合すると毛根が収縮し、髪のヘアサイクルに悪影響を与えるのです。そのため、やがて産毛のような髪しか生えてこなくなり、最終的には毛根自体が閉じてしまいハゲてしまうのです。

抜け毛のメカニズムについて

04030387d8020d22d5665b7923ee2210_s

髪が健康的に成長するためには、正常なヘアサイクルが必要です。このヘアサイクルというものは、3つの期間に分けることができます。まず髪が生まれて成長する成長期、次に、成長が止まり髪が抜け落ちる準備をする退行期、そして、毛母細胞の細胞分裂が完全に停止してしまう休止期です。

正常なヘアサイクルでは、それぞれ一定の期間で各3段階を経ていき、髪が生まれ変わるメカニズムになっています。基本的に髪の毛は一定のサイクルで成長と脱毛を繰り返しており、このヘアサイクルに乱れが生じるといわゆるハゲの症状が現れるのです。正常なヘアサイクルの場合、髪は2〜6年かけて長く成長していきます。

しかし、ヘアサイクルが乱れ、成長期が数ヶ月〜1年間程度になってしまうと、髪が十分に成長することができないため、コシのない弱くて薄い髪になってしまうのです。さらに、基本的に休止期は3ヶ月程度ですが、ヘアサイクルが乱れてしまうと休止期が長くなっていきます。そして、抜ける髪の本数に対して成長する髪が追いついていかないため、ハゲが目立つようになるのです。

ハゲやすい人とは?

一般的にハゲは遺伝するとよく言われていますが、これは全くの間違いではありません。AGAでは、脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンが生成される要因となる5αリダクターゼの酵素の量が多いほど、AGAになりやすいと言われています。そして、頭皮に存在する5αリダクターゼの保有量は、遺伝すると言われているからです。

そのため、例え男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が同じでも、遺伝による5αリダクターゼの保有量が多い人はジヒドロテストステロンがより生成されることになります。そして、ジヒドロテストステロンが多く生成された結果、薄毛やハゲに繋がり易くなるのです。

遺伝子検査について

AGAクリニックでは、遺伝子検査をすることができます。遺伝子検査を行うことで、将来的にAGAを発症する可能性があるかどうかの判定を行うことが可能です。また、AGAクリニックでは、専門医によるその人にあった効果的な治療を受けることができ、事前のカウンセリングにおいて、治療方法や服用薬の効果、副作用などの説明を受けることができるため安心です。

また、気になる費用などについては、各クリニックのHPなどに記載されており予算に合った治療法を選択することもできます。AGAクリニックでの早期治療を開始することで、薄毛の予防・改善から、育毛に繋げることができるのです。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事