MENU

CLOSE

薄毛予防できる?フィナステリドのメリットと注意点について

薄毛予防できる?フィナステリドのメリットと注意点について

377views

カテゴリ:未分類

フィナステリドは抜け毛を減らす効果が期待できる

b095a7fa1fd4808429610b5cd77a7281_s

フィナステリドに発毛・育毛作用は無い

フィナステリドは薄毛、AGA治療としてAGAクリニックに通院すれば基本的な治療薬として処方される成分の一つです。商品名としてプロペシアと呼ばれる場合もありますが、基本的にはフィナステリドという成分そのものの方が、認知度は高いといえるでしょう。AGA,薄毛治療をする際には、二つのことを考える必要があります。一つ目は現状の抜け毛を抑えること。

そして二つ目は、発毛、育毛を促すことです。フィナステリドはこの二つのアプローチのうち、前者の効果を目的としています。抜け毛を防ぐ効果が期待できるものとしては、ノコギリヤシという成分がありますが、その効果はフィナステリドほど期待できるものではありません。

何故ならフィナステリドは副作用が伴う医学的に効果が認められた薬ですが、ノコギリヤシはあくまでも有効成分としての認識があるだけで医学的に認められているわけではないからです。同じ費用をかけて治療するのであれば、できるだけ医学的な裏付けがある方がいいですよね。その為、抜け毛を減らしていきたい場合、フィナステリドは取り入れるべき成分だといえるでしょう。

フィナステリドは5αリダクターゼ酵素を抑える薬

そんなノコギリヤシよりも強い効果が期待できるフィナステリドですが、具体的にはどのような働きをしているのでしょうか。日本人がAGAとなった場合、その原因は大きく次の二つに分けられます。それは遺伝もしくjは男性ホルモンの影響です。もちろんそれ以外に原因がある可能性もありますが、ほとんどの人がこのどちらかが原因でAGAとなっているのです。

このフィナステリドは原因が男性ホルモンの場合、特に効果が期待できます。AGAは男性ホルモンテストステロンが5αリダクターゼ酵素によってジヒドロテストステロンに変化する際に発生する症状です。フィナステリドはジヒドロテストステロンを作る原因である5αリダクターゼを抑えることができるのです。

したがってAGAクリニックで検査を受けて、AGAの原因が男性ホルモンであることが分かった場合、フィナステリドの服用が変化を促す可能性は高いといえるのです。

フィナステリドを使用する際の注意点

6cd0862d25becc58c369529bb463407e_s

妊活中の使用には要注意

フィナステリドはAGAクリニックでも基本的な治療として処方される効果的な成分ですが、全ての人に薦められるものではありません。何故なら、効果的な薬には副作用が伴うのと同様に、フィナステリドにも副作用が伴うからです。その副作用は多岐に渡りますが、その一つに性欲減退があります。

もし新婚当初で、これから妊活を考えている時に性欲が減退してしまっては問題ですよね。そのためフィナステリドは妊活中、もしくはこれから妊活を考えている場合は、使用について慎重な判断が必要だといえるでしょう。

個人輸入ではなくAGAクリニックで処方してもらおう

フィナステリドはAGAクリニックで処方してもらうと、一般的な風邪薬などよりは、高めの費用がかかります。その為、少しでも安くフィナステリドを手に入れたい場合は、個人輸入を使うという方法があります。そうすれば、費用を抑えてフィナステリドが入手できる可能性があるのです。

しかしながら、その方法は安全性を考えるとあまりおすすめできる方法ではありません。何故なら、そもそも商品が日本人向けに作られていないだけでなく、フィナステリドの含有率が高い場合が多く、それに伴い副作用のリスクも高くなっているからです。個人輸入ではそのリスク管理を自分でしなければいけません。

しかしAGAクリニックでフィナステリドを処方してもらえば万が一の事態でもすぐに適切な対処を指導してもらえるのです。副作用がある薬を扱う場合は医師の管理下の方が安心できますよね。フィナステリドを使いたい場合は、極力AGAクリニックで処方してもらいましょう。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事