MENU

CLOSE

男性が薄毛に悩まされるメカニズムとはいったい?

男性が薄毛に悩まされるメカニズムとはいったい?

434views

カテゴリ:未分類

AGAは、なぜ男性特有の薄毛なのか?

7aff1b7f8340a34120ea88c627356079_s

稀に、女性でも薄毛に悩まされている人はいますが、ほとんどの場合、男性ばかりが薄毛になる傾向がありますよね。それは、AGAは男性ホルモンが深く関係しているからです。

男性ホルモンによって薄毛が進行していくメカニズムとは?

男性ホルモンと 深い関わりにある成分が 、テストステロンと呼ばれる成分です。 このテストステロンは、頭皮に存在している 5aリダクターゼ という 成分の働きによってジヒドロテストステロン に変化します。

このジヒドロテストステロンは、 別名「脱毛因子」と呼ばれており、髪の毛を育毛する細胞にダメージを与えてしまうのです。しかも、それだけではなく、頭皮に脂の過剰分泌を引き起こしたりもします。 そのため、髪の毛が育ちにくい頭皮 環境 になってしまうのです。

ジヒドロテストステロンは、頭皮の中でも「発生しやすい場所」がある

AGAの原因になるジヒドロテストステロンですが、 頭皮全体に分泌するというわけではありません。 分泌しやすい場所があるのです。つまり、そこから薄毛が進行していくことになります。では、頭皮のどの部分にジヒドロテストステロンが分泌しやすいのか? それは次のような部分になっています。

  •  前髪のこめかみ部分

これは、いわゆる「M字ハゲ」と呼ばれている状態になります。AGAの症状で最もありがちなケースです。「M字ハゲになってきたかも、、、」と感じるようならAGAが始まりかけているのかもしれません。

  •  頭頂部

「O字ハゲ」や「カッパハゲ」などと言われている状態です。 これも、AGAの典型例の一つだと言えます。 頭頂部からハゲているケースは、本人は気づきにくいというのが注意点です。M字ハゲと違って、頭頂部は自分で日頃から確認している人は少ないのです。ですから、他人に指摘されて初めて気づくという男性も少なくありまん。

早い段階で指摘してくれる人がいればいいですが、薄毛を指摘するというのはデリケートな問題ですから、なかなかストレートに言ってくれる人は少ないでしょう。 気づいた時には、本人がショックを受けるぐらいAGAが進行しているという可能性が高いです。

他にもこんな変化が現れたらAGAの可能性あり!

AGAのサインは、薄毛の進行の仕方だけではありません。 次のような変化が見られたらAGAのSOSの可能性があります。

  •  抜け毛がとにかく多くなった
  •  髪の毛に艶やコシがなくなってきた
  •  パーマをかけているわけではないのに、髪の毛が縮れている気がする
  •  髪の毛が油っぽくてぺっちゃんこ

AGAは早期解決をしないと危険

05359ed2b6ecd0f03d42a7edadd7d51e_s

AGAは、とにかく早期解決が克服の鍵です。 何故かと言うと、AGAは進行形の脱毛症だからです。 本来、髪の毛は2年から6年近くの周毛期がありますが、 これが長期間乱れると、 自力でサイクルを取り戻すのは不可能になってしまいます。じゃあどうすれば良いのか?と言うと、クリニックを利用すれば良いのです。

AGAクリニックならば、薄毛を止めるだけではなく、発毛効果も可能

AGAクリニックを利用することで、薄毛の進行を食い止めるだけではなく、 再び髪の毛を 取り戻すことも決して不可能ではありません。 費用は、月に一度通った時に分割で支払うことになるので、実際はそこまで大きな負担にはなりません。

副作用への対応もバッチリ

AGA 治療を受けるときに 一つ心配なのは副作用です。 しかし、AGAクリニックでは細い身体検査を行った上で、育毛剤を処方してくれるので、副作用が起こる可能性は極めて少ないと言えます。 より安全に 治療したいならば、セルフケアではなく、いち早くAGAクリニックを利用したほうがいいと言えるでしょう。 気になる方は、まずは無料のカウンセリングに出かけましょう!

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事