MENU

CLOSE

知っておきたい!女性と男性の薄毛の原因の違いとは? 

知っておきたい!女性と男性の薄毛の原因の違いとは? 

373views

カテゴリ:未分類

女性の薄毛について

251cea7296738e4fbf0de3f00a7a973d_s

薄毛というと一般的には男性特有の悩みというイメージですが、最近では薄毛に悩む女性も増えていると言われています。女性の脱毛症の中で特に多いのが、びまん性脱毛症と言われるものです。びまん性脱毛症とは、女性に多くみられる脱毛症のことで局所的な脱毛ではなく、髪が細くなり頭髪全体が薄くなる症状が特徴です。

びまん性脱毛症は中年以降の女性に多く見られる脱毛症でもあり、女性型脱毛症とも言われています。そして、男性の脱毛とはメカニズムが異なるため、男性には有効とされる脱毛症用薬が女性には効かないケースがほとんどです。

また、女性の脱毛症の症状についてのメカニズムはまだ明確には解明されていませんが、様々な要因が髪に影響することにより、抜け毛が増え、薄毛になると言われています。

女性が薄毛になる要因

女性が薄毛になる様々な要因として考えられるものは、以下の通り7つあります。

  • 加齢による毛髪の衰え
  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ
  • 偏った食事
  • 過度なダイエット
  • 誤ったヘアケア
  • ホルモンバランスの乱れ

基本的に髪の毛というものは、ヘアサイクルに伴い髪が伸びる成長期、髪の成長が停止する退行期、休止期を経て自然に抜け落ちることを繰り返しています。しかし、さまざまな生活環境や生活習慣などによって本来のヘアサイクルが正常に機能しなくなることがあります。

例えば、妊娠中は女性ホルモンの分泌が盛んになり、髪の成長期が続くため、妊娠していない時より自然な脱毛が減るのです。そして、出産後は女性ホルモンの分泌量が通常量に戻るため、これまで長い間成長期だった毛が一気に休止期を迎えることになります。

これにより、一時期に抜け毛が多くなってしまいますが、通常は半年〜1年程度で元に戻ります。近年は薄毛に悩む女性が増えており、そうしたニーズを受けて、多くの育毛剤が市販されています。薄毛の程度や個人の体質によっては、市販の育毛剤で十分な効果が得られる場合もあります。

しかし、市販の育毛剤で効果が得られない場合は、クリニックで専門医による診断を受ける人も増えています。クリニックでの薄毛治療については、頭髪の状態やストレス、食生活を含めた生活習慣のチェックから始め、薄毛の原因を特定することから始めます。

男性の薄毛であるAGAについて

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

男性型脱毛症であるAGAを引き起す原因の一つとして、男性ホルモンの影響が考えられます。男性ホルモンであるテストステロンは、男性らしい身体を作ったり、体毛などの成長を促したりする働きがあります。しかし、このテストステロンは頭皮の毛根に存在している5αリダクターゼという還元酵素と結びつくことで、ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンに変換されてしまうのです。

そして、このジヒドロテストステロンは毛母細胞へ働きかけ、髪の成長を阻害し、薄毛を促進させると言われています。また、ジヒドロテストステロンを受け取る受容体であるアンドロゲンレセプターは人により感受性が違い、感受性が強いとより脱毛が促進されるのです。

この受容体の感受性というものは、体質であり、遺伝により受け継がれると言われています。そのため、遺伝子を調べることで、ジヒドロテストステロンの影響を受けやすい体質かどうかを知ることができます。将来自分が遺伝に影響を受けるAGAになってしまうのか不安に感じている人は、AGAクリニックなどで遺伝子検査を受けてみてはいかがでしょうか。

さらに、治療を受けたい人はまずは無料カウンセリングから始まり、治療方法や治療薬の効果、副作用、費用などの説明を受けることができます。そして、薄毛や脱毛から、発毛へと繋がるような治療を受けることができるので、薄毛に悩んでいる人は早期治療の開始がオススメです。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事