MENU

CLOSE

AGAを正しく知って納得のいく治療を考えよう

AGAを正しく知って納得のいく治療を考えよう

266views

カテゴリ:未分類

AGAって何?その種類や原因について

aaa3d5db5501e7d79edbeabdb2e060db_s

AGAとは?

AGAというのは、男性に見られる脱毛症のことで、正式にはAndrogenetic Alopeciaと言います。男性ホルモンが影響しているため、思春期以降の男性ホルモンが増加する年齢辺りから見られる症状です。AGAは進行する脱毛症なので、そのままにしておくとどんどん薄毛が進んでいきます。

AGAの種類

AGAと一言にいっても全ての人が同じ様な薄毛になるのではなく、幾つかの進行パターンがあります。

  • 頭頂部…つむじや頭頂部の辺りから薄毛になっていくパターン。段々と頭頂部から円形が広がってきます。
  • 前頭部…額の生え際がどんどん薄毛になっていくパターンで、剃り込みを入れた様にM字に薄毛が進行していき頭頂部に向かって広がっていきます。
  • 頭頂部+前頭部…頭頂部と前頭部の双方から薄毛が広がっていくパターン。進行していくうちに、双方が繋がり、全体が薄毛になります。

AGAの原因

AGAの原因は男性ホルモンが大きく影響しており、結果ヘアサイクルを乱すことで起きる脱毛症です。では、男性ホルモンがどの様に影響しているのでしょうか?

男性ホルモンというのはテストステロンのことを指しますが、AGAになる人はこのテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素によって、ジヒドロテストステロンに変えられてしまっていることが原因となります。ジヒドロテストステロンが体内に分泌されると、頭皮で毛乳頭細胞で作用し、髪の成長を妨げ、脱毛の命令を出します。

ジヒドロテストステロンによって髪の成長を妨げられることによって、正しいヘアサイクルが乱れ、通常二年から六年かけて髪が太くしっかり成長するところ、成長する前に抜け落ちてしまい、次第に髪全体が細く弱々しい髪だけになり、本数も少なくなっていきます。髪が細くなっていくことをミニチュア化といいますが、これが進行することによって更に外見上の薄毛が目立つ様になってきます。

AGAって治るの?その治療について

7f418be16ff229275d0670150ea529e0_s

AGAは治るか?

薄毛にはなるべくなりたくないと思っている人もいると思います。もしも、自分がAGAかもしれないとなったら、それは治すことができるのでしょうか?結果からいえば、AGAというのは完治させることはできないといわれています。男性ホルモンが変換されるという体質的なことが影響していることもあって、治療することでできることは現状維持と進行を遅らせることになります。

AGAの治療とは?

薄毛予防の育毛シャンプーや育毛剤などもありますが、AGAを正しく治療するには専門のクリニックでの治療がおすすめです。クリニックでは一人一人異なる症状や進行具合に合わせて治療をするのでより効果的であると考えられるからです。気になる費用については、最初のカウンセリングにて説明されるので、予算に合うかどうかの確認をしてから治療を始めることができます。

AGAの治療には主にジヒドロテストステロンが生成されない様に抑制するフェナステリドが処方されます。フェナステリドは頭痛、腹痛、胃痛などの副作用が報告されていますが、男性が一番気になる副作用はEDです。副作用は人によってその症状の有無や重度は異なりますが、気になる場合は医師に相談しましょう。

フェナステリドは即効性のある薬ではなく、服用を続けることによって効果が現れるため、短くても三ヶ月は様子を見て、経過によって、薬や他の治療を検討するなどをしていくといいでしょう。AGAの治療は内科や皮膚科などでもうけることができますが、有効的な治療を求めている場合は、実績のある専門クリニックをお勧めします。

 

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事